破砕機TOP > タイヤ破砕設備 ティラノシュレッドTS2180R

国内最安,タイヤ破砕,ts2180r,1000万円

破砕機,ワイヤ除去,コンベア

今、サーマル燃料として注目が高まっている廃タイヤリサイクルですが、チップ燃料として汎用性の高い 50mm 以下のサイズに処理するには、多くの場合、大型の破砕機や、カッターと破砕機の併用など、高額な設備投資が必要なことも事実です。

そんな中、TS2180Rタイヤチップ製造ラインは、従来に比べ低コストで導入できることで注目いただいているリサイクル設備です。

↓↓↓タイヤチップ製造ラインの全容↓↓↓

 

         
  刃物,寿命,ランニングコスト  
         
 

抜き取られたビートワイヤ

 

製品(タイヤチップ)

 

設備,詳細,概要,内容

1. ビートワイヤ除去機

まず、油圧式のビードワイヤ除去機により、両面内側のビードワイヤーを引き抜き除去します。ビードワイヤーは太く強靭なため、そのまま破砕した場合負荷が非常に高いためです。

また、抜き取ったワイヤーは、スクラップとして販売できます。

  ワイヤ,ワイヤー,除去,タイヤ   シリンダー  

2. 投入コンベアで搬送

ワイヤを除去したタイヤは、専用のコンベアで定量的に破砕機へ投入します。

  スラット,投入コンベア      

3. 破砕機で50mm以下の製品サイズまで破砕

ロータリースクリーン付きの2軸破砕機により、タイヤは一気に50mm以下まで破砕されます。

φ50mm穴を通過しないサイズのものは、ロータリー式のスクリーンにより再度、破砕機にリターンされ50mm以下まで破砕されます。

このロータリースクリーンにより、最小限の破砕機でのタイヤ破砕を可能にしています。

  ローター,破砕室   ロータリースクリーン,トロンメル  

4. 排出コンベアでフレコン詰め

スクリーンを通過したタイヤチップは排出コンベアにより、フレコンバッグへ集積します。

  全体像,排出側      

タイヤチップ買取業者の斡旋も行います

弊社タイヤ破砕設備をご購入、もしくはご購入ご検討いただいているお客様へ、タイヤチップ買取業者の斡旋を無料で承ります。

ご購入後のトラブルを避けるため、出荷先候補が見付かった段階で、弊社設備で生産したタイヤチップを送付し、品質の確認を行います。

今すぐ問い合わせる

↓↓↓↓↓

お電話でのお問い合わせ   メールでのお問い合わせ
電話,tel,問い合わせ,連絡 商研,メール,mail

納品例

 

産業廃棄物中間処理/廃タイヤ(静岡県 環境サービス株式会社)

 
  2軸,ロータリースクリーン   タイヤ,破砕,ワイヤ,除去  
         
 

廃タイヤ(沖縄県)

 
  タイヤ,破砕,設備   投入,バケット,コンベア  
         
 

廃タイヤ(香川県)

 
  タイヤ,破砕機,排出,コンベア   タイヤ,破砕,設備  
         
  ワイヤ,除去,設置   ワイヤ除去,制御盤  

 

製品仕様

TS2180,仕様 投入口 単位[mm] 幅800x縦600
ロータ寸法 直径[mm] 284
幅[mm] 800
回転刃 枚数 20枚
刃物厚み [mm] 40(20×2)
回転数 [rpm] 15
本体幅 [mm] 2928
本体奥行き [mm] 2440
本体高さ [mm] 3350
主電動機 [kW] 15(7.5×2)
重量 [ton] 3.2
ワイヤ,ワイヤー,ワイア,ワイアー,除去機,YTSJ800 最大処理直径 単位[mm] Φ800
最大圧力 [MPa] 15
本体幅 [mm] 3500
本体奥行き [mm] 1100
本体高さ [mm] 1400
主電動機 [kW] 11
重量 [ton] 1.5
タイヤ,搬送,投入,コンベア 有効幅 単位[mm] 389
傾斜角 ° 40
傾斜部長さ [mm] 3550
水平長さ [mm] 3910.5
排出高さ [mm] 2721.9
搬送速度 [m/min] 2
主電動機 [kW] 0.55
重量 [ton] 0.4
排出,コンベア,コンベアー 有効幅 単位[mm] 366
傾斜角 ° 35
傾斜部長さ [mm] 2500
水平長さ [mm] 4700
排出高さ [mm] 1966.7
搬送速度 [m/min] 12
主電動機 [kW] 1.1
重量 [ton] 0.4

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ   メールでのお問い合わせ
電話,tel,問い合わせ,連絡 商研,メール,mail

©1999-2015 SYOKEN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

 

 

 

破砕機・粉砕機のご注文は商研株式会社へお任せください