破砕機TOP > スピニングシュレッドSS8060

安い,4軸,ss8060

機密書類,紙,粒度調整,早い

以下の破砕状況をご覧ください。

4軸破砕機スピニングシュレッドは、従来、大規模な溶融設備や、大型の1軸破砕機を要した機密書類の処理を1台で約20mmまで細かく破砕することが可能です。

  書類,破砕,粉砕   4軸破砕,サイズ  
 

 

スピニングシュレッドで破砕された紙屑

↓↓↓機密書類破砕の様子↓↓↓

 

特徴

4軸,破砕機,概要

4軸破砕機は、処理物のサイズを調整可能な1軸、アルミニウム・タイヤなど高負荷な処理物を破砕可能な2軸、双方の長所を併せ持ちます。

これにより、従来の破砕機では対応できなかった、もしくは、必要なサイズまで破砕できなかった処理物の処理を可能にします。

  4軸,破砕機,外観   投入,簡単,広い,ホッパー  
 

スピニングシュレッドの外観

投入し易いワイドホッパー

 
  4軸,破砕室   刃物,近写,接写,ローター,詳細  
 

破砕室

4軸ローター

スクリーン,サイズ,調整,補助刃

4軸破砕機は、メインで破砕を行う2本の主軸ローターに加え、補助軸ローターとスクリーンを備える事により、2軸破砕機には無い、掻き上げ効果が生み出されます。

主軸を破砕通過した粒度の大きな処理物は、補助軸により掻き上げられ繰り返し破砕されるため、スクリーンサイズにより希望のサイズまで細かく破砕することが可能です。

         
  構造,破砕部

 

4軸破砕機の構造 ①主軸 ②補助軸 ③スクリーン

 
  スクリーン,装着   スクリーン,取り外し  
 

本体下部から見たスクリーン

取り外したスクリーン

噛み込み,中空

4軸破砕機スピニングシュレッドは、補助軸ローターにより処理物の噛み込み性も格段にアップ。2軸破砕機が不得意とする大きな中空の成形物も、補助軸ローターによる押し込み効果で破砕可能な処理物の幅が広がりました。

スピニングシュレッドの補助軸ローターは、1枚に4箇所のフックを有し、強力に処理物を主軸ローターへ押し込みます。

 

低速,高トルク,低騒音

スピニングシュレッドの回転数は 25rpm と、1軸破砕機(最低速で 60rpm 程度)と比較し低速のため、破砕時に発生する騒音も大きく低減されますので、特に騒音に厳しい設置場所にも対応可能です。

また、低速仕様により、必然的に高いトルクが得られるため、厚みのある処理物にも対応できます。

納品例

 

産業廃棄物中間処理(福岡県)

 
  4軸,破砕機   4軸,投入,排出,コンベア  
         
 

機密書類(福岡県)

 
  書類,紙,破砕,4軸   4軸,設置  

 

製品仕様

SS8060,仕様 投入口 単位[mm] 幅952x縦1195
ローター幅 [mm] 800
主軸ローター径 [mm] 245
補助軸ローター径 [mm] 275
破砕室 [mm] 幅614×奥行き820
回転数 [rpm] 25 ※50Hzエリア
本体幅 [mm] 1840
本体奥行き [mm] 1195
本体高さ [mm] 2200
主電動機 [kW] 22(11×2)
重量 [ton] 1.6

SS8080以外にも、四軸破砕機スピニングシュレッドは小型から大型まで幅広くラインナップしておりますので、最適な仕様を提案させていただきます。

破砕機のお問い合わせについて

お電話でのお問い合わせ   メールでのお問い合わせ
電話,tel,問い合わせ,連絡 商研,メール,mail

©1999-2015 SYOKEN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

 

 

 

破砕機・粉砕機のご注文は商研株式会社へお任せください